マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

マンション売却後に引越しが必要になる

マンション売却後に引越しが必要になる

マンション売却後に引越しが必要になる

売却を希望しているマンションで、売却希望者が生活していたパターンがあります。この場合は、マンションに買主が付いた時には引越しが必要になります。ただ、引越しにも色々なデメリットが発生することがあるのです。

引越し先が満足出来るとは限らない

今まで暮らしていたマンションから引っ越した場所に不満を持つパターンがあります。例えば、引っ越した先が事故物件だった事に気が付いて後悔するような事態があります。

また、引っ越した住居には不満がなくても、ご近所に住んでいる人との関係で悩んでしまうパターンもあります。例えば、引っ越した先のお隣が毎晩騒いでいてよく眠れなくて苦情を言ったが止めてくれなくて困ってしまう場合が挙げられます。

ご近所トラブルが原因で、住んでいた所を引っ越す事もあるのでご注意ください。

引越しには大きなお金の掛かる場合がある

引越しには大きなお金が掛かるパターンも少なくありません。まず、新しく住む場所を借りる時にも、お金は必要になってきます。例えば、火災保険料・敷金・礼金などを支払うことがあります。

また、引越しする時には引越し業者を利用するパターンがあります。この場合は、その引越し業者に対してもお金を渡すことになります。更に、引越しに伴って、家具などを新調することもあります。この物を新調する為にも、お金を支払う事になります。

引越し先を見つける手間が掛かる

新しく住む場所に関して、希望条件を持っていることは珍しくありません。この希望条件を満たした引越し先を見つけるのにも手間が掛かります。

ただ、面倒だからと引越し先の下調べの手を抜いてしまうと、思わぬ失敗に繋がりかねません。先ほど説明したような引越し先に満足出来ないという可能性を避ける為にも、下調べはしっかりしておく事をおすすめします。

この引越し先を選ぶ時にチェックしておきたい点としては、

  • 住居の最寄り駅
  • ご近所とはトラブルが起きなさそうか
  • 治安は良いか
  • 住居の近辺には生活で必要になる施設はあるか
  • 住居の日当たりや間取りに問題はないか

などが挙げられます。

まとめ

引越しする時には怪我に関しても、気を付けた方がいいでしょう。現実に引越しの作業をしている時に、大きな怪我をしてしまうケースがあるのです。ご自身だけではなくご家族と一緒に引越し作業をする時には、その方達も危険な目に遭わないように気を配ってあげるといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です