マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

希望した時期に売れるとは限らない

希望した時期に売れるとは限らない

希望した時期に売れるとは限らない

マンションの売却をしたい方によっては、希望した時期にサクッと売れるだろうと考えているかも知れません。しかし、そう思い通りには事が運ばないケースがあるのです。

売却したいマンションが売れ残り状態になってしまうケースがある

売りに出された全てのマンションが簡単に買われて行く訳ではありません。売却に出されたマンションの中には、ずっと買い手が付かずに売れ残り状態になってしまうケースはあるのです。

実はこの売れ残り状態になる事で、買い手側に悪印象を与えてしまうこともあります。
例えば、ずっと買い手が付かない様な不人気なマンションは購入したくないと思われたり、
軽視できない欠陥があるマンションだから売れないで残っているのではと思われることなどがあります。

こうして売れ残りになってしまったマンションの為に、修繕積立金などのコストを支払い続けるのもデメリットでしょう。マンションの一室は所有し続けるのにも費用が必要になるのです。

売却したいマンションは、希望していた時期よりも後に買い手が付くケースがある

いつまでにマンションの売却代金の手取り分を確保しておきたいと希望している方もいるかも知れません。しかし、売れ残り状態までは行かなくても、売却したいマンションは希望していた時期より後に買い手が付くケースがあるのです。必ず希望の時期までにマンションは売れると思い込んで困った事態にならないように気を付けましょう。

売れなくて困っているマンションには、売却の仕方に問題のあるケースがある

まず、選んだ不動産会社のマンション売却の仲介に関して、優秀であるか、実績はあるのかなどを改めてチェックしてみるといいです。

また、提示しているマンションの売却価格に問題のあるケースもあります。例えば、そのマンションの物件内容からしてみると不当な位に高額の売却価格を付けられているので、マンションを購入したい側からは倦厭されている場合などが考えられます。

更に、売却したいマンションが綺麗ではない状態であった事で、中々買い手が付かないパターンも有り得ます。買主候補が内覧に来た時に、その状態でがっかりして購入しないような事態も考えられるのです。

まとめ

そもそも時期以前にマンションが売れるかが心配な場合もあるかも知れません。ただ、そのマンションの売り方を改善する事で買い手が付くケースもあることを覚えておくといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です