マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

希望した価格で売れるとは限らない

希望した価格で売れるとは限らない

希望した価格で売れるとは限らない

マンションを売却する時にその価格は重要になってきます。希望した価格でマンションを売りたいと考えている場合もあるかも知れません。ただ、マンションは希望した価格で売れるとは限らないのです。

高く売るための方法やノウハウ → マンション売却が短期間でスムーズに成功する!

マンションの売れない期間が続く事で売却価格を下げる事態がある

マンションが売れない期間が継続する時に、そのマンションが売れるように色々な工夫をする必要があります。その工夫の一つがマンションの売却価格の値下げです。

同じマンションであっても、売却価格を下げる事で買主が付く事も考えられるのです。マンションを購入する方によっては、その価格は注目点になっている事が多いです。

このマンションの売却価格を下げる以外の工夫としては、もっとマンションの売却の仲介に優れた手腕を持っている不動産業者に変更する事などが挙げられます。現実に自分の所有している不動産を売却する時に、その仲介を依頼していた不動産業者を変更するケースはあります。

買主候補からマンションの売却価格を下げて欲しいと相談されるケースがある

マンションを売りに出している時に、現れた買主候補から売却価格を下げて欲しいと相談されるケースは珍しくありません。

勿論、買主候補に売却価格を下げて欲しいと相談されたからと言って必ず応じなければいけない訳ではありません。売却価格を下げて欲しいと相談されても要望を断る場合はあります。

ただ、売却期間を考えた場合、買主候補にそうした相談をされたことによって、売却価格を下げる必要もあるのです。

そもそも幾らでマンションの売却をしたらいいのか見当が付かない場合は?

まず、売却したいマンションの相場は幾ら位かを調べて、値段を設定する時の参考にしてみるといいです。売却したいマンションの相場を調べる為の方法は色々あります。

この相場を調べる為の方法としては、売却したいマンションと出来る限り類似している条件の中古マンションは幾ら位で売られているのかを調べてみる方法や、色々な不動産業者に売却したいマンションの価格を査定してもらう方法などが挙げられます。

売却したいマンションに全く不釣り合いの価格を付けると、買い手側には避けられてしまう事もあるので気を付けましょう。

まとめ

マンションを売却したい時には、幾ら位の価格を付けるかはキーポイントになります。よって、マンションの売却価格に関しては、よく考慮される事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です