マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

マンション売却の際に手間が掛かる場合がある

マンション売却の際に手間が掛かる場合がある

マンション売却の際に手間が掛かる場合がある

マンションを売却する際に手間が掛かるケースは少なくありません。
こうした手間が掛かる場合があるのもデメリットと言えるでしょう、
このマンションを売却する際に掛かる手間の3つのパターンを説明します。

マンションの売却を仲介してもらう不動産業者を検討する手間

マンションを売却する時には、不動産業者に仲介してもらうケースが多いです。ただ、ご存知のように不動産業者と言っても様々です。そこで、マンションの売却を仲介してもらう不動産業者を検討する必要性が出てくることがあるのです。

この時にはその不動産業者のマンション売却の仲介の実績などをチェックした上で、実際にお願いするかを検討する必要があります。

売却するマンションを清掃する手間

売却を希望しているマンションに対して、業者や個人が清掃する手間を掛けるケースは珍しくありません。やはり、買主は高額の金銭を支払って手に入れるなら、出来る限り綺麗な状態のマンションが良いと考えるからです。

今までご自身が住んでいたマンションを売却したいが、目立って汚れている所はないから清掃しないでも平気だと思う場合はあるかも知れません。しかし、買主候補はそのマンションを綿密にチェックする可能性があります。その綿密にチェックした結果として汚れが見つかったら、そのマンションの評価に対してマイナスに働く事も考えられるのです。

ちなみに、売却したいマンションに対してリフォームを実施したパターンもあります。ただ、マンションのリフォームに金銭的な負担が重くなる場合もあるのでご注意ください。

売却したいマンションの買主候補に対応する手間

買主候補に対してマンションを売却したい側が対応する事になるケースはあります。例えば、売却したいマンションの内覧会に買主候補が訪れた時に、立ち会うと様々な質問をされることがあります。

この代表的な質問としては、売却希望のマンションに住んでいたならどうして出て行く事にしたのか?売却希望の周辺の商業施設はどうなっているのか?などが挙げられます。勿論、買主候補に対応する時にどういった態度を取るかもポイントになります。特に社交的ではないタイプの方にとっては煩わしいかもしれません。

まとめ

マンションを売却する際には、その為の手間が面倒に思えるかも知れません。しかし、掛けた方が良い手間に関しては、きちんとこなしておく事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です