マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

仲介手数料や税金などの費用が掛かる

仲介手数料や税金などの費用が掛かる

仲介手数料や税金などの費用が掛かる

マンションを売却してお金を手に入れたいと考えているかも知れません。ただ、マンションを売却するには費用が掛かることを忘れてはいけません。そこで、マンションを売却する時に掛かる3つの費用を説明します。

マンションを清掃する為に費用を掛ける

マンションを売却したいのなら見た目は大切になります。例えば、希望に近いマンションであっても、汚いと購入を避けられてしまう事も考えられます。そこで、プロにお金を払って売却したいマンションの清掃をしてもらうことがあるのです。

ただ、プロに依頼する事で掛かる費用を節約したい方もいるでしょう。そんな方は自分で売却したいマンションを清掃してみることを検討するのも良いかも知れません。しかし、素人が売却したいマンションの清掃を行う場合は、完璧には仕上がらない事が考えられます。

仲介してもらう不動産業者に費用を払う

マンションの売却を希望する際に不動産業者に仲介してもらうことは少なくありません。
ただ、不動産業者に仲介してもらってマンションを売却した時には仲介手数料を払う必要があるのです。

よって、マンションの売却を不動産業者に仲介してもらう際は、この仲介手数料に関してもよく確認しておくといいです。ただ、売却を仲介してもらう不動産業者を選ぶ時には、仲介手数料以外の面も注意しておきましょう。

また、不動産業者に売却したいマンションの広告費を支払う事があります。この広告費で不動産会社と不動産を売却したい側でトラブルになるケースがあります。

マンションの売却で税金が掛かる

マンションを売却する時に掛かる場合のある税金としては、印紙税・譲渡所得税などが挙げられます。マンション売却時に、税金を支払うことを考えると憂鬱になることもあるかも知れません。

しかし、譲渡所得税に関しては、マンションを売却する際に必ず支払う訳ではないのです。
実は譲渡所得税はマンションの購入価格と比べて売却価格が低かった場合には支払わなくていいのです。加えて、購入価格と比べて売却価格が高かった時でも特別控除を受けられる場合もあります。

まとめ

マンションの売却には業者への仲介手数料や税金などの費用がかかります。
また、売却に伴って引越しをする必要もあります。この場合は、その引越しの為の費用を支払う事になるでしょう。売却したいマンションに住んでいる方は、この引越し費用に関しても事前に考えておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です