マンション売却の経験者が語るメリット・デメリット

マンション売却で住宅ローンを返済しよう

マンション売却で住宅ローンを返済しよう

マンション売却で住宅ローンを返済しよう

マンションを売却することのメリットの1つに「住宅ローンの返済」が挙げられます。
「住宅ローンが残っていてもマンションは売却できるの?」と疑問に思われる方も多いかもしれませんが、住宅ローンが残っていてもマンションの売却は可能です。
今回は、マンション売却のメリットである住宅ローンの返済について解説してみたいと思います。

鍵となるのは「抵当権」

住宅ローンが残っていてもマンション売却は可能であると冒頭にお伝えしましたが、正確に言うと実際はローンを完済してからでないと売却することは出来ません。
ここで鍵となるのが「抵当権」です。
マンションを購入する際に、多くの人は金融機関で住宅ローンを組みますが、その際に金融機関は不動産に対して抵当権を設定しています。
これはローンが返済出来なかった場合の担保として設定されるもので、返済が滞ると不動産を競売にかけることでローンを回収します。
抵当権がついたままでもマンションを売却する事は可能ですが、ローンが滞ると競売にかけられるというリスクがあるため、抵当権付きの不動産を購入したがる人は少ないです。
そのためマンションを売却する際には抵当権を抹消する必要があり、抵当権を抹消するためにはローンを完済しなければなりません。
そこでマンションを売却した際の売却金額をローン残高にあてる事でローンが完済できる場合、抵当権を抹消することが可能となります。

買い替えローンの検討も視野に入れてみよう

上で述べた抵当権の抹消はローンの完済が前提となり、もし売却金額がローン残高を下回ってしまった場合、その残額は自己資金を充てなければなりません。
そこでもう1つの方法として、買い替えローンというものがあります。
買い替えローンとは、今住んでいる不動産を売却して新しい不動産を購入する際に、以前のローン残高を新たなローンに上乗せするというものです。
結局ローンを上乗せするならば何もメリットがない方法のように思えるのですが、この場合は抵当権抹消と異なり、ローンの完済が条件ではありません。
それに加えて、買い替えローンでは新たなローンへ乗り換える形になりますので、月々の支払額や金利を今一度見直すことが可能なのです。
そのため変動型の金利でローンを組んでいる人や、毎月の支払額が多く生活が圧迫されているといった人にはメリットとなります。

売却時の不動産選びは慎重に

マンション売却によってローンを返済することについての説明をしてみましたが、いずれにしても鍵となるのは不動産会社選びです。
なるべくマンションの売却金額を高くすることにより、ローンの完済も出来るほか、ローン残高を上回る金額で売却することも可能となります。
そのためにも、まず売却を検討し始めたら複数の業者に査定を依頼し、高く売れる最善の業者を探しあてましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です